AHOCALYPSE
in
VIETNAM
”Reunion 3”
Reunion for third.....
2012 July
・Scene No1・




ベトナム戦争フリークの聖地「モ・トス」で開催される
「アホカリプス 2012 リユニオン3」
に参加して来ました。(敬礼!)

今回、我々SEA HOUNDは正規隊員3名
臨時要員1名の計4名で参加。
何時もはチーム専属メディック担当兼、HP更新担当
のキンタマン三等兵曹殿が参加出来なかった為、
HP記事はスキッパー上等兵曹が行います。(敬礼!)

まず最初の印象としましては、ルールブックが今までの
使い回し(笑)から一新されまして、新規メディックルール
(関東開催の「べとべとしませんか?」で実践済みシステム。)
の導入、弾数制限はもちろんリアカン推奨、後は参加可能
ユニットが米軍・共産軍内にて細かく分けられていました。
(特に共産軍)
未だに馴染めないですがリユニオンになってから導入されてる、
米軍特殊部隊において共産軍の装備が使用可は相変わらず。
でも装備の幅が広がるのは良いですよね。

今回も同じSEALで参加された「TAEM−135」
「BADGUYY's」の皆さんとチームを組み、
ゲームに参加しました。
皆さんの御協力と海軍に感謝。(敬礼!)

写真の数は、少ないですがどうぞ〜。



NAVAL BASE 2012 完成。
LT(大尉)ウルゲイル殿とスキッパー上等兵曹


チョビ上等水兵(LDNN)殿とNemo二等水兵(LDNN)殿

今回は「TEAM-135」さんと
合同キャンプを設営しました。(敬礼!)




サイゴンストリートのショップを散策。


開場間もないのに、エイトボール商会さんは盛況でした。


お馴染みクラブサイゴン。


チャーリーさんも遅れ気味で到着。



LTウルゲイル殿が銃器の取り扱いをレクチャーします。




隊員のフォーメーションを確認、指導。
これを見てると昔を思い出します。(敬礼!)


弾速測定を行います。


開会式が始まります。


神風殿(MP)により、イベントの
スケジュールが説明されます。





流石は世界に誇る、ベトナムイベントの関が原?
錚々たる面々が揃います。


米軍と南側は注目、皆さん御存知
スーパー賞金首のグ・エン・ヤスチー将軍です。
戦場で見かけたらMAC-V経由でSEALに通報を。(笑)


共産軍溜り側からより。
噂のダッコンさんが見えますね。


TUONG中尉とNemo二等水兵殿。


Reunion3 scene No2
Reunion3 scene No3
退却